plusclass
psi

RECRUITMENT

RECRUITMENTTOP

2024.05.31

SHARE

  • LINE
  • TWITTER
  • FACEBOOK

部活動地域移行のトータルサポートを行うサービス『ブカツプラス』をご紹介!

部活動地域移行のトータルサポートを行うサービス『ブカツプラス』をご紹介!



    皆さんこんにちは!
    今回のコラムではプラスクラス・スポーツ・インキュベーション(以下、PSI)が提供するサービス『ブカツプラス』についてご紹介します。
    ぜひ、本コラムを通じて、さらにPSIの事業理解を深めてほしいです!

    目次
    ・部活動の地域移行支援サービス『ブカツプラス』の概要
    ・『ブカツプラス』での取り組みをさらに詳しく解説
    ・福知山ユナイテッドでの実証実験
    『ブカツプラス』で創り出す子供たちが選択できる環境

    部活動の地域移行支援サービス『ブカツプラス』の概要


    ブカツプラスサービスサイト|部活動の地域移行支援サービス

    ブカツプラスとはPSIが展開する「部活動の地域移行支援サービス」です。
    令和5年度(2023年)4月より、文部科学省ならびにスポーツ庁により「学校部活動の地域連携・地域クラブ活動への移行」に向け、令和5年度から7年度を改革推奨期間と位置付けた取り組みがスタートしました。
    PSIではこの部活動の地域移行に向けて新サービス『ブカツプラス』を自治体、運営事業者向けに2023年4月にリリースしました。
    2023年度より始まる部活動の地域移行に向け新サービス『ブカツプラス』を自治体/運営事業者向けに提供開始

    部活動の地域移行とは、これまで学校教員が担ってきた部活動の指導を、地域団体や地域のスポーツクラブ、関係事業に担ってもらうこと(運営の母体を民間に移行すること)を指します。
    地域移行が求められた背景には、生徒側のニーズの多様化、少子化に伴う部活動の縮小、教員数の減少とそれによる教員の負担が増えていることなどが指摘されています。
    これらの背景を踏まえて始まった部活動の地域移行は、公立中学校の休日の部活動について令和5年度から7年度を改革推進期間として各地で様々な取り組みが行われています。
    プロスポーツクラブにおける様々な事業を展開してきたPSIでは、これまでの知見やノウハウを活かして、各自治体や総合型地域スポーツクラブ(※)が部活動の民営化において持続可能な仕組みを構築し、最適な課題解決を行っていくためのトータルサポートを行う『ブカツプラス』を提供しております。
    ※総合型地域スポーツクラブ:多世代、多種目、多志向という特徴を持ち、地域住民によって自主的に運営されているスポーツクラブのこと。

    『ブカツプラス』での取り組みをさらに詳しく解説

    PSIが提供する『ブカツプラス』では、主にコーディネーター事業とアプリ事業を展開していきます。
    また、これら事業を京都府福知山市にある総合型スポーツクラブ『福知山ユナイテッド』を実証実験先としての取り組みも始まっています。

    ①コーディネーター事業
    コーディネーター事業では、部活動の地域移行にあたって各自治体、学校、総合型クラブ間での調整や移行する際のサポートを行います。
    例えば、運営予算を獲得するためにスポンサー獲得の支援や、トップアスリートと関わるイベントや生涯スポーツ(※)を通じたイベントの企画運営、プロスポーツクラブのマーケティング支援で培った各種制作物支援などを行います。
    ※生涯スポーツ:生涯を通じて、健康維持やレクリエーションを目的にだれでも、いつでも、どこでも気軽に参加できるスポーツのことを指します。


    ②アプリ事業
    アプリ事業では子供たちの可能性の最大化と、クラブの運営業務のDX化を目的としたプラットフォーム(※)を開発し、アプリとして提供します。アプリは2024年夏のリリースを目指して現在開発中です。

    子供たちの可能性を最大化させるために、アプリ内でパフォーマンス向上のための情報発信や、根拠となるデータの収集と可視化を行います。子供たちは自身のパフォーマンスを向上させるためのヒントとなる情報をいつでもどこでも得ることができます。
    ※プラットフォーム:システムやサービスを動かすための土台や基盤となる環境のこと。


    クラブの運営業務のDX化するために、アプリでは運営に必要な集金、出欠管理、勤怠管理、指導者管理といった役割を果たせる機能を追加していく予定です。
    また、指導者向けコンテンツの配信も行い、現場を支える仕組みづくりを支援していきます。

    『福知山ユナイテッド』での実証実験

    PSIでは、これら事業を京都府福知山市にある総合型スポーツクラブ『福知山ユナイテッド』で実証実験として取り組みがスタートしています。
    ※『ブカツプラス』事業責任者の片野は『福知山ユナイテッド』の代表理事を務めています。

    総合型スポーツクラブ|福知山ユナイテッドオフィシャルサイト
    福知山ユナイテッドでは部活動地域移行後の社会を見据え、様々な種目においてトップアスリートと地元の子どもたちが関わる機会の創出し、一人でも多くの子どもたちがやりたいスポーツを「選べる」環境を提供しています。
    PSIでは『ブカツプラス』を通して、コーディネーター支援、運営予算獲得サポート、プラットフォーム提供、イベント運営委託、指導コンテンツ配信といったサービスを提供し持続的なクラブ経営に必要なスポンサー獲得や指導者データバンクの管理など、地域移行後の運営に必要な体制構築を行っています。

    PSIはこれまでプロスポーツクラブに提供したファンマーケティング、スポンサーマーケティング、クリエイティブ制作での経験やノウハウを地域クラブに還元するとともに、実証実験先で新たに得られるクラブ運営者としての視点や経験を『ブカツプラス』のサービス内容、設計に活用しています。
    それが部活動、地域クラブ、各自治体が本当に必要としているサービス、支援につながるのではないかと考えています。

    『ブカツプラス』で創り出す子供たちが選べる環境

    PSIでは、これまでプロスポーツクラブ業界で培ったマーケティング領域やスポンサー領域の経験、そして福知山ユナイテッドとの実証実験による経験を相互連携し部活動の地域移行をブカツプラスで支援していきます。
    ブカツプラスを通して、部活動の地域移行の後も子どもたちが好きなスポーツを自ら選択し、楽しく続けられる環境作りに取り組んでいきます。

    いかがでしたでしょうか?

    今回のコラムでは、部活動の地域移行とは何か?『ブカツプラス』とはどんなサービスなのか?について、ご紹介させていただきました。
    この記事を通して、『ブカツプラス』について理解を深めてもらい、PSIが目指す部活動の地域移行との関わり方についても共感してもらえたら嬉しいです。

    2024.05.31

    SHARE

    • LINE
    • TWITTER
    • FACEBOOK

    ※情報は掲載時のものです。

    <

    1/11

    >